ふたつ

  1. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】

    恋ふたつ レモンはうまく切れません松本恭子(『檸檬の街で』) 同時進行で二人の異性と恋をしてしまった経験を持つ人は多い。世間的には二股である。一夫多妻の時代を引きずる日本の男性にはよくあることであっ…

  2. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】

    息触れて初夢ふたつ響きあふ正木ゆう子(『水晶体』) どんな…

  3. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】

    水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る()今井肖子〈風鈴〉は、蒸し暑…

おすすめ記事

  1. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  2. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  3. 【冬の季語】鯛焼
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第128回】井越芳子
  5. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】

Pickup記事

  1. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  2. 体内の水傾けてガラス切る 須藤徹【無季】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
  4. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  5. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
PAGE TOP