べし

  1. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】

    秋草のはかなかるべき名を知らず)相生垣瓜人 BSで放送中の「岸辺のアルバム」(1977年/山田太一原作・脚本)が面白い。突然かかってきた電話の主の男性に会いに行く主婦とその家族。現代でも信じられない…

  2. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】

    鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし三橋鷹女(『白骨』) 〈鞦韆〉は…

  3. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑

    こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし水原紫苑…

  4. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】

    抱く吾子も梅雨の重みといふべしや飯田龍太『百戸の谿』(19…

おすすめ記事

  1. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  2. 【春の季語】桜
  3. 【冬の季語】冬木立
  4. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  5. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
  2. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】
  4. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  5. 【秋の季語】天高し
PAGE TOP