まま

  1. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】

    菜の花の斜面を潜水服のまま今井聖明るくさびしく、どこか懐かしさのある句だ。この句の「潜水服」を思い浮かべる時、単なるウエットスーツのようなものではなく、なぜだか宇宙服並みのごっつい海底探査に…

  2. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 

    年迎ふ父に胆石できたまま)島崎寛永(ひろなが)(北海道俳句年鑑2022より…

  3. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】

    永き日や相触れし手は触れしまま日野草城(『昨日の花』) 俳…

おすすめ記事

  1. めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男【季語=台風(秋)】
  2. 【冬の季語】寒晴
  3. 【春の季語】復活祭
  4. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  5. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  2. マグダラのマリア恋しや芥子の花 有馬朗人【季語=芥子の花(夏)】
  3. 【冬の季語】火事
  4. 【春の季語】猫の恋
  5. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
PAGE TOP