みぞおち

  1. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】

    人悼む時のみぞおち青嵐藤井あかり火葬場を出ると、瑞々しい木々から少し強めの風が吹く。小説であれば、ああでもない、こうでもないと内面をまどろっこしく描写できるのだろうが、俳句では「みぞおち」とだけ言う…

おすすめ記事

  1. 一年の颯と過ぎたる障子かな 下坂速穂【季語=障子(冬)】
  2. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  3. 渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美【季語=渡り鳥(秋)】
  4. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】
  5. 【冬の季語】冬麗

Pickup記事

  1. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
  2. 【夏の季語】水着
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  4. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】
  5. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
PAGE TOP