みちのく

  1. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】

    みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな筑紫磐井(『野干』) 〈みちのく〉と言えば「みちのくひとり旅」という演歌を思い出してしまう。叶わぬ恋を振りきって男ひとりの傷心旅行。「月の松島 しぐれの白河」、失恋の果て…

  2. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】

    みちのくに生まれて老いて萩を愛づ佐藤鬼房(『幻夢』2004年)…

おすすめ記事

  1. 紙魚の跡たどりて紙魚に逢はんとす 後藤夜半【季語=紙魚(夏)】
  2. 初夢のあとアボカドの種まんまる 神野紗希【季語=初夢(新年)】
  3. 水喧嘩恋のもつれも加はりて 相島虚吼【季語=水喧嘩(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  5. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 

Pickup記事

  1. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  2. 【秋の季語】穴惑
  3. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  4. 義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳【季語=義士の日(冬)】
  5. 【冬の季語】縄跳
PAGE TOP