むかし

  1. 葛の花むかしの恋は山河越え 鷹羽狩行【季語=葛の花(秋)】

    葛の花むかしの恋は山河越え鷹羽狩行(『月歩抄』) 葛の花というと釈迢空(折口信夫)の〈葛の花踏みしだかれて色あたらしこの山道を行きし人あり〉という短歌を思い出してしまう。民俗学者であった折口信夫は、…

  2. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】

    むかし吾を縛りし男の子凌霄花中村苑子(『花隠れ』) 小学校…

おすすめ記事

  1. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  2. 【#43】愛媛県歴史文化博物館の歴史展示ゾーン
  3. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  5. 【春の季語】二月

Pickup記事

  1. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#4
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第14回】
  5. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
PAGE TOP