もう

  1. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】

    さういへばもう秋か風吹きにけり今井杏太郎甲子園の決勝を見て、ちょっと飲みに行き、もう明日になろうとしたとき、稲妻がひかり、轟音が鳴りひびいた。面白いくらい、雨が降るなかを、ちょっと楽しみなが…

  2. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】

    もう逢わぬ距(へだた)りは花野にも似て澁谷道(『縷紅集』)…

  3. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】

    せんそうのもうもどれない蟬の穴豊里友行窓を開けておくと当然…

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3
  2. 【#43】愛媛県歴史文化博物館の歴史展示ゾーン
  3. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  4. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  5. 【新連載】俳人のホンダナ!#1 根岸哲也

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】
  2. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  3. 【冬の季語】人参
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第7回】2018年 天皇賞(春)・レインボーライン
  5. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 
PAGE TOP