もぐ

  1. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】

    茄子もぐ手また夕闇に現れし吉岡禅寺洞(『吉岡禅寺洞 俳句全集』暁光堂俳句文庫)読んで意味のわからない句ではない。が、「また夕闇に現れし」という措辞からは、おもわず、茄子泥棒!などと不穏なことを思って…

  2. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍

    1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し湊圭伍川…

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  2. 【春の季語】うらら
  3. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】
  4. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  5. 【春の季語】蜷

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【5】服部崇
  2. 猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】
  3. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  4. 黴くさし男やもめとなりてより 伊藤伊那男【季語=黴(夏)】
  5. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
PAGE TOP