よけれ

  1. 鉄瓶の音こそ佳けれ雪催 潮田幸司【季語=雪催(冬)】

    鉄瓶の音こそ佳けれ雪催)潮田幸司銀化誌のリモート編集はかなりの労力を伴うものだった。新型コロナウイルス感染防止の観点から、東京の事務所に集まっての編集作業は好ましくないとの編集長判断である。その期間…

  2. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】

    天女より人女(にんによ)がよけれ吾亦紅森澄雄(『所生』)日…

おすすめ記事

  1. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  2. 世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】
  3. 【冬の季語】花八手
  4. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
  5. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】

Pickup記事

  1. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
  2. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  3. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第7回】2018年 天皇賞(春)・レインボーライン
  5. 【冬の季語】漱石忌
PAGE TOP