1. 毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己【季語=毛糸玉(冬)】

    毛糸玉秘密を芯に巻かれけり小澤克己(『小澤克己句集』) 〈毛糸〉は冬の季語である。11月になると手芸店には色鮮やかな毛糸が並ぶ。私は、少女漫画の影響で毛糸編みに興味を持った。クリスマスに好きな男性へ…

  2. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】

    水中に風を起せる泉かな)小林貴子 今世の中は「二刀流」のキ…

  3. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】

    筍にくらき畳の敷かれあり)飯島晴子 本意にどっぷり浸かりな…

  4. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔

    海に出て綿菓子買えるところなし大高翔(「鳩よ!」1997年8月号)…

  5. 干されたるシーツ帆となる五月晴 金子敦【季語=五月晴(夏)】

    干されたるシーツ帆となる五月晴金子敦季語「五月晴」は、本来…

  6. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】

おすすめ記事

  1. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  2. 眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年8月分】
  4. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第7回】2018年 天皇賞(春)・レインボーライン

Pickup記事

  1. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  2. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  3. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第71回】 志摩と友岡子郷
  5. 【冬の季語】嚏(嚔)
PAGE TOP