スバル

  1. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏

    スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学永田和宏『新・百人一首 近現代短歌ベスト100』(岡井隆ほか・文春新書)では、「美し」を「うつくし」と読んでいる。定型に合わせて「はし」と読ん…

おすすめ記事

  1. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  2. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  3. 枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行【季語=枯野(冬)】
  4. 【新年の季語】成人の日
  5. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片岡絢

Pickup記事

  1. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】
  2. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
  3. 【春の季語】椿寿忌
  4. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  5. 逢曳や冬鶯に啼かれもし 安住敦【季語=冬鶯(冬)】
PAGE TOP