プラタナス

  1. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】

    プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ石田波郷以前鑑賞した「あえかなる薔薇撰りをれば春の雷」や教科書でもよく見かける「バスを待ち大路の春をうたがはず」などと同じく、この句も第一句集『鶴の眼』に所載されてい…

おすすめ記事

  1. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  2. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  3. 【夏の季語】蝸牛
  4. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  5. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ

Pickup記事

  1. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  2. 【春の季語】四月
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
  4. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
PAGE TOP