ロック

  1. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】

    タワーマンションのロック四重や鳥雲に鶴見澄子だいたいの服に合うアクセサリーがあるように、だいたいの情景にハマる季語というのがある。ハマるというよりも落とす、一気に収斂させる、といった方が正しいかもし…

おすすめ記事

  1. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】
  2. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  4. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第4回

Pickup記事

  1. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】
  2. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】
  3. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 
  4. 【春の季語】桜
  5. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】
PAGE TOP