一途

  1. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】

    愛断たむこころ一途に野分中鷲谷七菜子(『黄炎』)恋愛というのは、当事者の二人にしか分からないことが多い。状況の側面だけを見て第三者が良縁だの悪縁だのを判断すべきではない。その恋を突き進むのか、諦める…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】
  2. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
  3. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】
  4. 【秋の季語】秋気
  5. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】

Pickup記事

  1. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  2. 【春の季語】巣箱
  3. 去年今年詩累々とありにけり 竹下陶子【季語=去年今年(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】
PAGE TOP