上村占魚

  1. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】

    金魚すくふ腕にゆらめく水明り千原草之(ちはらそうし))喉元過ぎれば忘れるのは「熱さ」ですが、「暑さ」もまた。と、書いたのは、先週のこと。撤回します、温度がさらに上がるなんて思わなかった。今週東京は、…

  2. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】

    水底を涼しき風のわたるなり会津八一(上村占魚『会津八一俳句私解』昭和58年…

  3. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】

    麦秋や光なき海平らけく上村占魚(うえむらせんぎょ)(星野立子)…

  4. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】

    酒よろしさやゑんどうの味も好し上村占魚(うえむらせんぎょ)(星野立子)…

おすすめ記事

  1. 菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ【季語=夏座敷(夏)】
  2. 少女期は何かたべ萩を素通りに 富安風生【季語=萩(秋)】
  3. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】
  4. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  5. さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美【季語=鳥の恋(春)】

Pickup記事

  1. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】
  2. 黴くさし男やもめとなりてより 伊藤伊那男【季語=黴(夏)】
  3. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  4. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  5. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 
PAGE TOP