九月

  1. 【秋の季語】九月

    【秋の季語=仲秋(9月)】九月「残暑」も落ち着いて、そろそろ涼しくなってきてほしいころ。暑さ寒さも「彼岸」まで、とは言うものの、実際にはまだまだ暑い日がつづくこともある今日のこのごろ。「台風」がやってくるこ…

  2. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】

    九月来る鏡の中の無音の樹)津川絵理子良い俳句の条件、ではな…

  3. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】

    魚卵たべ九月些か悔いありぬ八田木枯RADWIMPSの「セプ…

  4. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】

    九月の教室蟬がじーんと別れにくる穴井太二学期が始まった教室…

  5. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】

    永遠に下る九月の明るい坂今井聖俳句総合誌のグラビアで、ベン…

おすすめ記事

  1. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】
  2. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】
  3. 【春の季語】梅二月
  4. 見てゐたる春のともしびゆらぎけり 池内たけし【季語=春灯(春)】
  5. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】

Pickup記事

  1. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
  3. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  4. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第106回】後藤章
PAGE TOP