井上井月

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#7このコーナーは、気鋭の歌人のみなさまに、あの有名な俳句の作者がもし歌人だったら、どう詠んでいたかを想像(妄想)していただく企画です。今月取り上げる名句は、松尾芭蕉…

  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄

    銀漢亭放浪北村皆雄 (井上井月顕彰会会長)俳句をやらない僕が俳人の…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一

    語ってくれた井月の魅力小泉信一(朝日新聞編集委員)深夜、こっそり起き出して…

  4. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】

    とび・からす息合わせ鳴く小六月城取信平〈小六月(ころくがつ…

  5. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】

    【このイベントは終了しました】新型コロナウイルスの影響をかんがみ、第8回 「千両千…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  3. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  4. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  5. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】

Pickup記事

  1. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人
  3. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  4. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
PAGE TOP