井伏鱒二

  1. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二

    ハナニアラシノタトヘモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ井伏鱒二三月のこの頃になると不意に思い出す一節である。これは『厄除け詩集』の「訳詩」の章に掲載されている一節で、于武陵の「勧酒」を井伏な…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  2. 【夏の季語】汗
  3. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  4. 【第24回】新しい短歌をさがして/服部崇
  5. へたな字で書く瀞芋を農家売る 阿波野青畝【季語=山芋(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  2. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】
  3. 「けふの難読俳句」【第1回】「直会」
  4. 【春の季語】うららか
  5. 【春の季語】蜷
PAGE TOP