仔牛

  1. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】

    木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ陽美保子季語は「木の根明く」。木の根元から雪が融け始めることだ。今年は例年に比べて雪解けが早いのだが、まだわが家の周辺には雪がたくさんあり、この季語のような光景がどこ…

おすすめ記事

  1. 【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
  2. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  4. いちごジャム塗れとおもちゃの剣で脅す 神野紗希【季語=苺(夏)】
  5. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】

Pickup記事

  1. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  2. 【冬の季語】寒の内
  3. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第11回】小島 健
  5. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
PAGE TOP