他人

  1. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】

    秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ小池康生「他人が見てゐて樹が抱けぬ」人って、とても魅力的だと思う。樹を抱きたいと思うことも、他人に見られているからそれができないというちょっとした自意識も…

  2. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】

    他人とは自分のひとり残る雪杉浦圭祐当地では雪解が進み、だん…

おすすめ記事

  1. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  2. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
  3. 三月の旅の支度にパスポート 千原草之【季語=三月(春)】
  4. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
  5. 【冬の季語】実南天

Pickup記事

  1. 【秋の季語】小鳥来る
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二
  3. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  4. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  5. 全国・俳枕の旅【第72回】 松山・石手寺と篠原梵
PAGE TOP