使う

  1. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】

    扇子低く使ひぬ夫に女秘書藤田直子(『極楽鳥花』) 立夏を過ぎると、街角では涼しげな扇子が売られ始める。薄い和紙に雲母を散らしたもの、涼しげな動植物が描かれたもの、洋風のレースをあしらったものもある。…

  2. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】

    胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋鷹羽狩行(『自選自解 鷹羽狩行集』白鳳社)…

  3. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】

    蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり日原傳最初に断っておくが、こ…

おすすめ記事

  1. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】
  2. 三角形の 黒の物体の 裏側の雨 富沢赤黄男
  3. 【春の季語】春雨
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第19回】篠崎央子
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて

Pickup記事

  1. 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨【季語=猫の子(春)】
  2. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  3. 【冬の季語】冬の滝
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年9月分】
  5. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
PAGE TOP