俳号

  1. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 

    蕎麦碾くや月山はうつすらと雪)(佐藤郁良(NHK俳句王国がゆく・山形県村山市)今日は、自身の原点であり、転換点になった時の話をしたい。それは今から7年ほど前2016年11月の「俳句王国がゆく」の収録…

  2. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】

    【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】句会は…

  3. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】

    【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】男なの…

おすすめ記事

  1. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  2. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】
  3. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
  5. 傾けば傾くまゝに進む橇     岡田耿陽【季語=橇(冬)】

Pickup記事

  1. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  2. 【夏の季語】梅雨入
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【17】/三代川次郎(「春耕」「銀漢」「雲の峰」同人)
  4. 猿負けて蟹勝つ話亀鳴きぬ 雪我狂流【季語=亀鳴く(春)】
  5. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
PAGE TOP