冴ゆ

  1. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】

    波冴ゆる流木立たん立たんとす山口草堂(『行路抄』昭和43年)冬の海というと、日本海の荒波が磯にどーん、という様な類型的なイメージがポピュラーなのかもしれないけれど、あたりまえのことだが実際の冬の海は…

おすすめ記事

  1. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
  2. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  3. 数と俳句(二)/小滝肇
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  5. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】

Pickup記事

  1. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】
  2. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  3. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】
  4. 【冬の季語】クリスマスツリー
  5. 【冬の季語】寒夕焼
PAGE TOP