分泌液

  1. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】

    ワイシャツに付けり蝗の分泌液茨木和生うわっ。思わず自分の着ているものの前をはたきたくなる。何しろ”分泌液“である。ブ・ン・ピ・ツ・エ・キ。余りにも直截で、その字面といい、語感といい、およそ詩語から遠…

おすすめ記事

  1. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  2. 【冬の季語】煤逃
  3. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】
  4. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(春)】
  5. 【冬の季語】冬

Pickup記事

  1. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  2. 【冬の季語】蕪
  3. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  4. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  5. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】
PAGE TOP