去る

  1. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】

    颱風の去つて玄界灘の月)中村吉右衛門 大村雅朗という編曲家の名前を知ったのは最近のことである。認識のスイッチが入るとこれまで通り過ぎていた情報が次々と入ってくる。ヒットメーカー、ずばぬけた才能の持ち…

  2. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】

    まどごしに與へ去りたる螢かな久保より江(くぼ・よりえ)寒暖…

  3. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】

    犬去れば次の犬来る鳥総松大橋越央子(おおはし・えつおうし))まさとし))…

  4. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】

    春雷や刻来り去り遠ざかり星野立子どうして春雷というのは、い…

おすすめ記事

  1. みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何【季語=聖樹(冬)】
  2. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  3. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
  4. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  5. ガンダムの並ぶ夜業の机かな 矢野玲奈【季語=夜業(秋)】

Pickup記事

  1. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  2. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  4. 兎の目よりもムンクの嫉妬の目 森田智子【季語=兎(冬)】
  5. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
PAGE TOP