合う

  1. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】

    息触れて初夢ふたつ響きあふ正木ゆう子(『水晶体』) どんなに眠れない夜でも人の寝息を聞いていると眠れることを知ったのは、十歳の頃である。それまで一緒の部屋だった三つ年上の姉が、自分の部屋を持ちたいと…

  2. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】

    あつ雉子あつ人だちふ目が合うて)西野文代)我が家の裏手には…

  3. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】

    さくら貝黙うつくしく恋しあふ仙田洋子(『橋のあなたに』) …

おすすめ記事

  1. 龍の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子【季語=龍の玉(新年)】
  2. 【冬の季語】待春
  3. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  4. 【春の季語】野遊
  5. 【新年の季語】左義長

Pickup記事

  1. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】
  2. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  3. 【冬の季語】枯蓮
  4. 秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】
  5. 【冬の季語】冬帽子
PAGE TOP