吹かれる

  1. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】

    薄氷の吹かれて端の重なれる深見けん二平成に発表された人気の句をランキングし、総括を試みた特集(角川『俳句』2019年5月号)でも、かなり上位に推された句である。一瞬を切り取り、そこに森羅万象の奥行き…

  2. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】

    草も木も人も吹かれてゐて涼し日下野由季心地いい夏の風が止ま…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  3. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
  4. 【秋の季語】新酒/今年酒
  5. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

Pickup記事

  1. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】
  2. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  3. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】
  4. 【冬の季語】冬川
  5. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】
PAGE TOP