1. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)】

    シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は櫂未知子こういうタイプの句を詠むには、生身の自分を少し曝け出す「開き直り」と、それを句に仕立てて「フィクション化」するという二重の手続きが必要だ。もちろん、句としては…

おすすめ記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第3回】
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】
  3. 一つだに動かぬ干梅となりて 佛原明澄【季語=干梅(夏)】
  4. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  5. GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ 関悦史

Pickup記事

  1. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  2. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  3. 【春の季語】梅二月
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
PAGE TOP