嗤う

  1. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】

    片蔭の死角から攻め落としけり)兒玉鈴音『第24回俳句甲子園公式作品集』(2021年11月)83頁)作者は愛知県立幸田高校の生徒。今年度(2021年度)の俳句甲子園全国大会に提出された句の一つである。…

  2. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之

    復讐の馬乗りの僕嗤っていた)福田若之句集『自生地』(東京四季出版、2017…

おすすめ記事

  1. 手を入れてみたき帚木紅葉かな 大石悦子【季語=紅葉(秋)】
  2. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第128回】井越芳子
  4. 【冬の季語】蓮根掘
  5. 【春の季語】海苔

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  2. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】
  3. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  4. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  5. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
PAGE TOP