回す

  1. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】

    指は一粒回してはづす夜の葡萄上田信治少人数で泊りがけの吟行に出かけたことがあった。今よりももう少し秋が深まっていた頃だ。夕食が済み、いよいよ部屋に集まっての句会。テーブルにお酒やおつまみ、お菓子を広…

おすすめ記事

  1. 夕焼けに入っておいであたまから 妹尾凛
  2. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  3. 麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜 飯田蛇笏【季語=夏めく(夏)】
  4. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  5. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】霧
  2. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】
  3. 見てゐたる春のともしびゆらぎけり 池内たけし【季語=春灯(春)】
  4. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  5. 金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子【季語=種蒔(春)】 
PAGE TOP