1. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】

    ばばばかと書かれし壁の干菜かな高濱虚子(『五百句』)虚子にこういう句があって、ちょっと笑ってしまう。出だしの「ばばば」も可笑しいが、「か」を軸とする「あ」母音の生み出すリズムが軽やかで、向日性がある…

おすすめ記事

  1. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年9月分】
  3. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  4. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  5. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】初東風
  2. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】
  3. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】
  4. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
PAGE TOP