外す

  1. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】

    受賞者の一人マスクを外さざる)鶴岡加苗 人生のどん底はここだった、と明らかに言える期間がある。周囲の方々にも助けてもらったが、一人になった時に襲ってくる絶望を救ってくれたのは2曲の歌であった…

  2. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】

    指は一粒回してはづす夜の葡萄上田信治少人数で泊りがけの吟行…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男
  2. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  3. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  4. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】
  5. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】

Pickup記事

  1. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚
  2. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  4. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  5. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
PAGE TOP