多くなる

  1. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】

    なつかしきこと多くなり夜の秋小島健数学者・岡潔は、『春宵十話』のなかで、こんなふうに書いている。「理想は恐ろしくひきつける力を持っており、見たことがないのに知っているような気持になる。それは、見たこ…

おすすめ記事

  1. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
  2. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  3. 秋櫻子の足あと【第3回】谷岡健彦
  4. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
  2. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  3. 【春の季語】三椏の花
  4. 【夏の季語】万緑
  5. 【夏の季語】夏蝶
PAGE TOP