大西朋

  1. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】

    薔薇の芽や温めておくティーカップ)大西朋 道具は長い年月を経ると精霊が宿るという。「付喪神(つくもがみ)」と呼ばれたりするその精霊を宿すには長い年月だけではなくそれを使い続けることも条件に含まれるの…

  2. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】

    鶯や米原の町濡れやすく)加藤喜代子(「霜天」))米原は主要…

  3. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】

    田に人のゐるやすらぎに春の雲)宇佐美魚目(「天地存問」))…

  4. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】

    あつ雉子あつ人だちふ目が合うて)西野文代)我が家の裏手には…

  5. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】

    大利根にほどけそめたる春の雲)安東次男)大阪で生まれ育った…

  6. 【第4回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 大西朋さん・白井飛露さん)

  7. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)
  2. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  4. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月27日配信分】

Pickup記事

  1. 【春の季語】素魚
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】
  3. 【春の季語】葱坊主
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二
  5. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
PAGE TOP