嬥歌

  1. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】

    どこからが恋どこまでが冬の空黛まどか(『くちづけ』) 〈輝く白い 恋の始まりは とてもはるか 遠く昔のこと〉と歌ったのは華原朋美(「I BELIEVE」作詞作曲:小室哲哉)である。恋の始まりは、いつ…

おすすめ記事

  1. 雲の峰ぬつと東京駅の上 鈴木花蓑【季語=雲の峰(夏)】
  2. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
  3. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  4. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】
  5. 【都道府県別の俳句】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第115回】今田宗男
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】
  4. 【春の季語】葱の花
  5. 【秋の季語】秋暑し
PAGE TOP