宮崎大地

  1. 変身のさなかの蝶の目のかわき 宮崎大地【季語=蝶(春)】

    変身のさなかの蝶の目のかわき宮崎大地(「宮崎大地全句集」風の花冠文庫)高柳重信が編集長を務めた『俳句研究』で、新人発掘のために企画されたのがよく知られている「五十句競作」。で、その企画を成功・持続さ…

おすすめ記事

  1. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  3. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  4. 黴くさし男やもめとなりてより 伊藤伊那男【季語=黴(夏)】
  5. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  2. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  3. 【第23回】新しい短歌をさがして/服部崇
  4. 片足はみづうみに立ち秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  5. 【冬の季語】冬籠
PAGE TOP