寒日和

  1. 【冬の季語】寒晴

    【冬の季語=晩冬(1月)】寒晴太陽暦の1月5日、6日ごろ、「小寒」から「大寒」をへて「節分」までの約30日間は、更に寒さが厳しくなるころなので、「寒」または「寒の内」と呼ばれるが、そのころのよく晴れた日を「寒晴」と…

おすすめ記事

  1. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  2. 【冬の季語】冬帽
  3. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
  4. 男はよろめき/星空はぐるぐる… ゼノ・ビアヌ 
  5. 【冬の季語】雪達磨

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第64回】城島徹
  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  3. 【冬の季語】おでん
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第15回】
PAGE TOP