小島健

  1. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】

    裸子の尻の青あざまてまてまて小島健お世話になります。今回で第二回目です。実はまだまだ緊張しています。この「ハイクノミカタ」は毎回気鋭の俳人が気づきの多い鑑賞をしてくださっていて、私なぞはただ…

  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#10

    【連載】もしあの俳人が歌人だったらSession#10このコーナーは、気鋭…

  3. 直立の八月またも来りけり 小島健【季語=八月(秋)】

    直立の八月またも来りけり()小島健作者の深い思いと詩魂が結…

  4. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)

    国破れて褒め上手小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)…

  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第11回】小島 健

    銀漢亭に乾杯!🍷小島 健(「河」同人)皆さま、こんにちは!…

  6. 【夏の季語】夜の秋

  7. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】シャワー
  2. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  3. 【冬の季語】夕霧忌
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年4月分】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒

Pickup記事

  1. 【冬の季語】時雨
  2. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  3. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  4. 【春の季語】永き日
  5. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
PAGE TOP