小川洋

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋

    哀しいことに。小川洋(「天為」同人・事業部長)初めて銀漢亭に行ったのは、もう十数年前、近くの「天為」編集室を訪ねた帰りである。何人かのお客様がいて、皆さんキャッシュオンデリバリーで飲まれているのに、なぜか「天為」は…

おすすめ記事

  1. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  2. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【4月30日締切】
  3. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  4. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】
  5. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】秋高し
  2. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十五日
  3. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】
  4. 【春の季語】春
  5. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
PAGE TOP