山口優夢

  1. 婚約とは二人で虹を見る約束 山口優夢【季語=虹(夏)】

    婚約とは二人で虹を見る約束山口優夢(『セレクション俳人 プラス 新撰21』)東京の虹は短い。雲と雲の合間にさっと差す。仕事中に茶菓子として配られる八分割のバームクーヘンのようだ。高層ビルの15階に勤…

  2. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】

    やがてわが真中を通る雪解川正木ゆう子句の細部に目が留まる前…

  3. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】

    あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢異論があるかもしれ…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  2. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  3. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第9回】伊勢と八田木枯
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト

Pickup記事

  1. 【夏の季語】酢漿の花
  2. じゆてーむと呟いてゐる鯰かな 仙田洋子【季語=鯰(夏)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  5. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】
PAGE TOP