山茶花

  1. 【春の季語】落椿

    【春の季語=三春(2月〜4月)】落椿春先、つやつやした肉厚の葉の中に花を咲かせる「椿」が、花びらごと散らずに、一花まるごと、ぽとりと地面に落ちること。または、その落ちた椿のことをいう。冬の季語である…

  2. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】

    山茶花のくれなゐひとに訪はれずに橋本多佳子(『信濃』) 小…

  3. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】

    山茶花の日々の落花を霜に掃く瀧本水鳴(たきもと・すいめい)まさとし))…

  4. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】

    山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一(「横光利一句集」宇佐市民図書館編)…

おすすめ記事

  1. 坂道をおりる呪術なんかないさ 下村槐太
  2. 駅蕎麦の旨くなりゆく秋の風 大牧広【季語=秋の風(秋)】
  3. 【冬の季語】師走
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  5. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】

Pickup記事

  1. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  2. 鳥帰るいづこの空もさびしからむに 安住敦【季語=鳥帰る(春)】
  3. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  4. 寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり【季語=寒月(冬)】
  5. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
PAGE TOP