1. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】

    十二月うしろの正面山の神成田千空 草田男に愛妻俳句がごまんとあるように、千空も多くの愛妻俳句を詠んでいる。千空にとってその深い恩愛の対象として、市子夫人という存在は至極大きく、それは、「炎天の空へ吾…

  2. 山又山山桜又山桜 阿波野青畝【季語=山桜(春)】

    山又山山桜又山桜阿波野青畝先週末、初めて奈良県・吉野山へ花…

  3. 赤福の餡べつとりと山雪解 波多野爽波【季語=雪解(春)】 

    赤福の餡べつとりと山雪解)波多野爽波『骰子』けっこうな甘党…

  4. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】

    本の山くづれて遠き海に鮫小澤實(『砧』) 創作にかかわる人…

  5. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】

    まはし見る岐阜提灯の山と川岸本尚毅よく「まはし見る」が出せ…

  6. 戸隠の山より風邪の神の来る 今井杏太郎【季語=風邪(冬)】

  7. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】

  8. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】

  9. 取り除く土の山なす朧かな 駒木根淳子【季語=朧(春)】

おすすめ記事

  1. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】
  2. 【春の季語】朧夜
  3. 【秋の季語】秋めく
  4. 【書評】太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)
  5. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】

Pickup記事

  1. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  2. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  3. 【冬の季語】小春日
  4. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】
  5. 赤福のたひらなへらもあたたかし 杉山久子【季語=あたたか(春)】
PAGE TOP