帽子

  1. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】

    うららかや帽子の入る丸い箱茅根知子))帽子を買った。やむにやまれず、である。行きつけの町内の美容院の人気が最近高まり、ひと月先まで予約が取れない。仕方がないので、予約状況ががら空きの…

  2. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】

    花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ星野麥丘人目の端が何かを捉え…

おすすめ記事

  1. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】
  2. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  3. 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨【季語=猫の子(春)】
  4. 【春の季語】白椿
  5. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】

Pickup記事

  1. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)
  2. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  3. 胎動に覚め金色の冬林檎 神野紗希【季語=冬林檎(冬)】
  4. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  5. 春山もこめて温泉の国造り 高濱虚子【季語=春山(春)】
PAGE TOP