平畑静塔

  1. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】

    萩にふり芒にそそぐ雨とこそ久保田万太郎いよいよ今回で九月・十月の短期集中連載も終了だ。機会を与えて頂いた堀切さんに深く感謝している。最後に何を書こうと考え始めると難しくて、色々悩んだが、大好…

  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔

    【第59回】宇都宮と平畑静塔広渡敬雄(「沖」「塔の会」)栃…

  3. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】

    赤き茸礼讃しては蹴る女八木三日女(『紅茸』)赤い茸は毒があ…

おすすめ記事

  1. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  2. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  3. 【秋の季語】秋の蝶
  4. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  5. 【冬の季語】蓮根掘る

Pickup記事

  1. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  2. 【春の季語】石鹸玉
  3. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  4. 好きな繪の賣れずにあれば草紅葉 田中裕明【季語=草紅葉(秋)】
  5. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
PAGE TOP