彼岸

  1. 【春の季語】春分

    【春の季語=仲春(3月)】春分 春の半ばと書くとおり、「立春」と「立夏」のちょうど中間にあたる。仏教においては、春分と秋分が彼岸である西方浄土への距離がもっとも短くなる日とされ、「春分」は「彼岸」の…

  2. 【秋の季語】秋彼岸

    【秋の季語=仲秋(9月)】秋彼岸「秋分」が起こる日を中日として、その前後三…

  3. 【春の季語】彼岸

    「春分」を中日とする前後3日の7日間のこと。俳句では、たんに「彼岸」といえ…

おすすめ記事

  1. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第1回】
  2. 【春の季語】余寒
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【11】/吉田林檎(「知音」同人)
  4. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】
  5. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第121回】堀江美州
  2. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】
  3. 【第3回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 成田一子さん)
  4. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#09】アメリカの大学とBeach Boys
PAGE TOP