復讐

  1. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】

    片蔭の死角から攻め落としけり)兒玉鈴音『第24回俳句甲子園公式作品集』(2021年11月)83頁)作者は愛知県立幸田高校の生徒。今年度(2021年度)の俳句甲子園全国大会に提出された句の一つである。…

  2. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之

    復讐の馬乗りの僕嗤っていた)福田若之句集『自生地』(東京四季出版、2017…

おすすめ記事

  1. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  2. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ
  3. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  4. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第24回】近江と森澄雄

Pickup記事

  1. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】
  2. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  3. 蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子【季語=蜷(春)】
  4. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  5. 卓に組む十指もの言ふ夜の秋 岡本眸【季語=夜の秋(夏)】
PAGE TOP