怒濤

  1. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】

    怒濤聞くかたはら秋の蠅叩)飯島晴子 怒濤のとらえどころのない量感と、蠅叩、しかも秋の蠅叩のシャープなさびしさとの対比。断続的ながらもずっと続く波音と、蠅を叩く一瞬の音との対比。対照的ながら、「怒」「…

  2. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】

    隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな加藤楸邨(『雪後の天』1943年 交蘭社)…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年4月分】
  2. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
  3. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】
  4. 【春の季語】雛あられ
  5. 【夏の季語】緑蔭

Pickup記事

  1. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  3. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
PAGE TOP