性病院

  1. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男

    かなしきかな性病院の煙出鈴木六林男総武線で大久保を通過する時、車窓から「性病科」という看板が見える。とても目立つ看板。ネオンだから夜はさらに目立つ。院生の頃も、働いている頃も、疲れて帰る車窓に見える…

おすすめ記事

  1. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年8月分】
  3. みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何【季語=聖樹(冬)】
  4. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  5. 命より一日大事冬日和 正木ゆう子【季語=冬日和(冬)】

Pickup記事

  1. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】
  2. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  3. 鶯や製茶会社のホツチキス 渡邊白泉【季語=鶯(春)】
  4. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  5. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
PAGE TOP