恋愛

  1. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】

    あひみての後を逆さのかいつぶり柿本多映(『蝶日』) 小倉百人一首の〈逢ひ見てののちの心にくらぶれば昔はものを思はざりけり 権中納言敦忠〉は有名な歌。現代でも共感する人は多いのでは。 平安時代…

おすすめ記事

  1. 春天の塔上翼なき人等 野見山朱鳥【季語=春天(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  3. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  4. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  5. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】

Pickup記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#06】落語と猫と
  2. 【#46】大学の猫と留学生
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】
  4. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
PAGE TOP