悲しみ

  1. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】

    悲しみもありて松過ぎゆくままに星野立子立子を取り上げるのは金曜日の阪西敦子さんの領空を侵犯する行為かもしれないと一瞬躊躇ったものの、いやいやいや、俳句の空は往来自由なり。<松の内>という季語…

おすすめ記事

  1. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】
  2. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#08】書きものとガムラン
  4. 昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美【季語=昼顔(夏)】
  5. 【連載】俳人のホンダナ!#6 藤原暢子

Pickup記事

  1. 【春の季語】花
  2. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  3. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  5. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
PAGE TOP